アパレルウェブ ホーム
« 2017年05月23日   |   Main   |  2017年05月25日 »

ハルカスと夕陽丘

 【大阪本社】 このところまだ5月の梅雨入り前だが連日、真夏日に近い猛暑が続いて、これでは春物はもう売れないだろうな、ただでさえ不振の続く店頭衣料から今後、春物が姿を消し始めたら、型数減少に苦しむテキスタイル産地にはさらに打撃だろうと、それなりに専門紙の記者らしい感想が、記者4年目にして、日々の暮らしでもようやく口をついて出るようになってきた。
 そんな暑い日が続くなか、筆者が少し楽しみにしているのが、連日の美しい夕焼け。夕方になると、まだ5月。さすがに少しは涼しくなり、すっかり遅くなった日の入りが平日は帰宅時間と重なって、車窓や帰りの道すがら、1時間ほどの日没のドラマを楽しむ余裕もできてくる。
 仕事帰りに何日かそんなことを考えていたら、先週末にも、行楽帰りに通り掛かった高速道路で、焼けるような夕日を背にしたあべのハルカスを目にする機会に恵まれた。天王寺界隈に夕陽丘の名が残るのも頷けるような、見事な夕日。現代ならではの風景だが、かえって古代的な神々しさまで感じさせられるから、たいへん不思議な気がする。(典)

2017年05月24日(水)  10:00  / この記事のURL