アパレルウェブ ホーム
« 2017年05月02日   |   Main   |  2017年05月09日 »

デニムの鯉のぼり

 【中国・四国支社】ジーンズカジュアルのベティスミス(岡山県倉敷市)では先月14日から、観光施設「ジーンズミュージアム」などがある本社施設内に、ジーンズカラーの鯉のぼりを立ち上げた(写真)。
 鯉のぼりは老舗の徳永こいのぼり(岡山県和気町)に作ってもらった特注品で、上から順番に4b、3b、2bの大きさ、デニムをイメージした濃、中、淡色となっている。
 一番上の大きい鯉のぼりには、同社のキャラクターであるベティちゃんが描かれている。ポリエステル製の生地を使っており、「当初は本物のデニムを使おうと思っていたが、さすがに風になびかないとの意見もあり断念した」(大島康弘社長)とのこと。
 ジーンズミュージアムではゴールデンウイークの本格的な観光シーズンを迎え4月20日に直営店をオープンするなど、施設がより充実しつつある。“こすり”など、ジーンズの加工体験や、綿花栽培など観光客を楽しませるイベントも企画しており、鯉のぼりもその一環だ。
 青い空に、西側の山間の新緑と相まって、鯉のぼりが優雅にたなびく姿は、ずっと見ていても飽きないぐらい美しい。(佑)
2017年05月08日(月)  10:00  / この記事のURL