アパレルウェブ ホーム
« 2016年04月27日   |   Main   |  2016年05月02日 »

ガテン系女子服がアツい

 【東京本社】建設作業現場に新風が吹いている。目立つのは女性向けのデザイン・シルエットの導入。女性は人数が少なく在庫コストを抑えるため、大手でも男性用のSサイズで間に合わせることが多かった。
 「けんせつ小町」や「ドボジョ(土木系女子)」といった名称が生まれるなか、ワークウエアも必然的に変わってきている。写真は中堅ゼネコンの鉄建建設の新作業服。女性の声を取り入れる企業が増えることで、コンサバなワークウエアも多様化していくだろう。「月刊ユニフォームプラス」5月号(今月下旬発刊)では最新の事例を紹介する。(周)
2016年04月28日(木)  10:00  / この記事のURL