アパレルウェブ ホーム
« 2016年04月20日   |   Main   |  2016年04月22日 »

日本技術は皮革工場まで

 【東京本社】日本の技術力の高さにはほとほと感心する。先月、タイのバンコクに出張に行った際、JUKIの皮革向けミシン(写真)に出会った。かなり年季が入っていたが「今も使っている」と語るのはバンコク郊外にあるハンドメード皮革工場のARTTYだ。同社は6人の社員と少数精鋭でワニや豚の皮を使ったカバン、靴などを製造する。販路も国内だけでなくオーストラリアへの輸出も手掛ける。
 同社の従業員によると「このミシンは中古で購入したが、今も作業で使っている」という。繊維分野での日本のミシンメーカーの台頭はよく聞くが、皮革工場まで日本の技術力が反映されていることは知らなかった。
 今回の出張中、タイは車やバイクが想像以上に多く目立った。高速道路を使っても視界の先には自動車がひしめき合いながら少しずつ進む光景ばかり。現地の人からも「通勤、帰宅のラッシュ時間の道路渋滞はひどい。近距離でも道が混雑していると2時間以上かかることも」という。
 実際に、車で往路40分の道のりを復路2時間かけて戻った筆者が立証済みである。今となっては良い思い出として残るが、先ほどの日本のミシンメーカーが活躍するように、インフラ面でも日本の技術をさらに活用した取り組みを期待したい。(栢)
2016年04月21日(木)  10:00  / この記事のURL