アパレルウェブ ホーム
« 2016年03月22日   |   Main   |  2016年03月24日 »

背負うのも楽勝

 【東京本社】夏のプロ野球球場といえば、ビール。スタンドで樽生ビールのサーバー背負って販売する女性を見掛ける。通常のサーバーの容量は10gで、中身を入れれば20`と重い。しかも、重心が腰より低く、腰ベルトでサーバーを固定しにくいなどの理由から、販売員は過度に前掲した姿勢になり、肩へ荷重が集中する。動くとタンクが揺れて体にぶつかることもあるようだ。
 デサントとアサヒビールはこうした販売員の負担を軽減するため、人間工学に基づく新型背負い式樽生サーバー「楽しょうサーバー」のバッグ部分(樽生容器を含まない部分)を共同開発した。
 デサントはアウトドア用バッグの開発技術を応用し、ショルダーベルト、ウエストベルトなどに工夫を凝らした。また、スペンサーを厚くすることで、重心を高くし、バッグの形状を保持するフレームも採用。肩周辺への負担は現行品に比べ最大約2割軽減できたようだ。アウトドアスポーツの技術はこんなところにも生かされる。ペナントレースが開幕する3月下旬から使用されるという。(康)
2016年03月23日(水)  10:00  / この記事のURL