アパレルウェブ ホーム
« 2016年03月17日   |   Main   |  2016年03月22日 »

究極のモヘアへ一意専心

 【中部支局】、在日豪州大使館(東京都港区)でこのほど「オーストラリア・モヘアお披露目会」が行われた。これまで豪州と言えば羊毛とばかりに思っていたので意外に感じた。実は豪州でもモヘア原毛を産出していたが、モヘアの最大産地である南アフリカに優るとも劣らないアンゴラヤギ(モヘア)の高級素材が今後提供できるようになったという。その功労者が南アフリカ出身の牧場主G・T・フェレイラ氏だ(写真左側)。
 同氏は2008年まで毎年、南アフリカでモヘアの最高品質のトロフィーを獲得していたものの、さらに高みを求め、2009年に数千頭の優秀なアンゴラヤギを選定し、広大な土地と自然のある豪州へ移動させた。そして7年の歳月をかけて品質改善を行い、今回のお披露目となったもの。究極のモヘアの追求はまさに一意専心だ。(聡)
2016年03月18日(金)  10:00  / この記事のURL