アパレルウェブ ホーム
« 2016年03月07日   |   Main   |  2016年03月09日 »

VAN・ジャケット

 【中部支局】以前、尾州産地の毛織メーカーを取材していてこんな声を聞いた。「ウール素材の持つ良さや、紳士スーツ地の素材バリェーションの特徴を消費者に分かりやすく語ってくれる、商品知識の豊富なスタッフが専門店や百貨店にいたら尾州の素材はもっと売れる」
 そんなとき、思い出したのが、かつてのVANショップのスタッフのことだ。ショップスタッフは、いろいろと顧客にアドバイスをしてくれた。「この素材にはこんな特徴がある。紺のジャケットには、このレジメンタルストライプのネクタイが合う」など。言わば着こなしの先生である。
 スイングトップ、ボタンダウンシャツ、トレーナー、スタジアムジャンパー。当時の若者にファッションアイテムの提案のみならず、ライフスタイルをアピールしたVAN・ジャケット。その商品と売り方には夢があった。品質は親子2代にわたり同じダッフルコートを着用できるほどだった。
 数年前、VAN・ジャケット創業者、石津謙介氏の生誕100周年イベントが開催された。もし同氏が御存命だったら、低迷する衣料消費の活性化にどんな意見を聞かせてくれるだろうか(明)。
2016年03月08日(火)  10:00  / この記事のURL