アパレルウェブ ホーム
« 2016年02月19日   |   Main   |  2016年02月23日 »

見分けが付きにくい

 【東京本社】今年に入っても訪日外国人旅行者数は伸び続けており、とりわけ中国人は春節期間でその数が加速した。東京・銀座では彼らを乗せた大型観光バスが列をなし、その光景は今や「年2回の風物詩」的になってきた。
 大型スーツケースを転がしているため、一見して日本人ではないと分かる。しかしスーツケースがなければ、分からないケースが増えてきた。身に着けているファッションが、今の国内ファッショントレンドとほとんど遜色ないためだ。
 銀座エリアの場合、ラグジュアリーなエレガンスタウンという土地柄、質感やアイテムの違いで、まだ判別が付きやすい。しかしカジュアルタウンの原宿や渋谷では、スーツケースの存在もしくは団体行動ということ以外、ほとんど見分けがつかなくなってきた。訪日リピーターが増えているためか、とりわけ女性ではファッションの同化現象が顕著になってきたようだ。(洋)
2016年02月22日(月)  10:00  / この記事のURL