アパレルウェブ ホーム
« 2015年11月17日   |   Main   |  2015年11月19日 »

丸ごと自社素材

 【北陸支局】小松精練は石川県能美市の旧本社棟で、耐震補強材に熱可塑性炭素繊維複合材料「カボコーマ・ストランドロッド」を世界で初めて用い、世界初の耐震工法による改築を進めてきたが、このほど落成内覧会を開いた(写真)。
 旧本社棟では、エコ建材である超微多孔スポンジ状セラミックス基盤「グリーンビズ」をはじめ、建材としてのテキスタイルを併せて提案し、ファブリック・ラボラトリー「fa―bo(ファーボ)」として生まれ変わった。
 例えば天井。独特の凹凸感を持たせた見た目にも楽しい立体染色素材「トスポ」を用いるなどカーテン、タペストリーなどにも同社の素材を多く用いた。施設見学にも応じるなど石川県の産業観光も担う。(川)
2015年11月18日(水)  10:00  / この記事のURL