アパレルウェブ ホーム
« 2013年12月26日   |   Main   |  2014年01月06日 »

南天

 この時期に赤い実の最盛期を迎える「ナンテン」、「難を転ずる」に通じることから、縁起の良い木とされ、厄除けとして庭に植えられる。正月などの祝い事にも使われ福寿草とセットで「災い転じて福となす」と言われている。
 葉には食品の防腐作用があり、赤飯を入れた重箱に添えて食当たりを防ぎ、長寿を祈願する意味で、箸にも使われる。また、「不浄を清める木」とされトイレの外に植えたりしてきた。
 実、葉、茎、根には薬効成分が含まれる。実を天日でよく乾燥させたものには、咳止め効果や視力回復の効果があると言われている。
 株分け、挿し木、種まきなどで簡単に増やすことができる。ナンテンは日当たり、水はけの良い場所を好む。土質を選ばない丈夫な木である。やや乾燥気味に栽培し雨が当たる地植えの場合は、ほとんど水やりの必要はない。肥料も必要とせず生育が悪い場合には2月ごろに寒肥として油かす、腐葉土、堆肥を与える。日本の気候に適し育てやすく繁殖力が強いことから縁起の良い木として親しまれたゆえんであろう。
  (H.Y)
2013年12月27日(金)  10:00  / この記事のURL