アパレルウェブ ホーム
« 2013年06月25日   |   Main   |  2013年06月27日 »

面のアピールで地域活性化

 100年近く続く神田の老舗そば屋「かんだやぶそば」が焼けたのは記憶に新しい。その老舗も加盟しているのが「江戸神田蕎麦の会」。江戸時代から始まった伝統と歴史あるそばの文化を守るために発足したという。現在は約17軒が加盟する。神田だけでなく、神保町や秋葉原、お茶の水、猿楽町などのそば屋も参加している。
 そば屋の店内に現代アートを展示する「そばアート」の開催や秋葉原のビルの屋上にそば畑を作るほか、加入する各店舗のそば汁を集めた「つゆ比べ」を開催するなどそばを通じて、神田地域の街作りやコミュニティー活性化を図る。
 繊維業界でも、各産地の企業が共通のコミュニティーを作り、商品を売る動きがある。各業界ともに点ではなく、地域といった面の戦略で業界の繁栄を目指す。(K・K)
2013年06月26日(水)  10:00  / この記事のURL