アパレルウェブ ホーム
« 2012年08月07日   |   Main   |  2012年08月09日 »

ポケットがない服、意外に人気?

5月から7月にかけて開かれたワーキングウエアの展示会では様々な新しい商品が打ち出されたが、そのなかでも印象に残ったのが、旭蝶繊維(広島県府中市)のポケットレスのE141シリーズ(写真)。精密機械や食品関連の工場では工場内への持ち込みを一切禁止しているところが多い。異物混入による事故を防ぐためだ。
 また、よくお正月に神社や寺院のお賽銭を銀行員が数えるシーンをテレビのニュースなどで見かけることがある。あの銀行員もポケットレスの服を着ていることが多い。別に神社やお寺から頼まれて着ているわけではないが、銀行側が配慮してそういったポケットレスの服を着ているそうだ。
 「恐る恐る展示会に出して見たが、各社の展示会のなかでこの商品が一番印象に残ったと言ってもらったお客さんが多かった」と話す旭蝶繊維の児玉賢士社長。国内の工場でわざわざポケットを“つぶす”作業が意外と多かったことから商品化してみたが、意外な反響にびっくり。「国内で生産基盤があるからこそ、そういった要望の声を拾えたのかも」。(Y・O)
2012年08月08日(水)  10:00  / この記事のURL