アパレルウェブ ホーム
« 2012年07月31日   |   Main   |  2012年08月03日 »

産地のおっちゃん

 繊維産地には、いわゆる「気のいいおっちゃん」が多い、ように思う。
 中小零細規模の機屋では事務所を構えていないところも多く、その場合は取材を自宅でさせてもらうことになる。靴を脱いでお邪魔し、お手製のコーヒーや麦茶などをいただく。自宅なので当然家族の出入りもあり、ご家族と恐縮しながらあいさつを交わすこともしばしば。自然、取材の内容も仕事からそれ、家族の話や昔話、ホットなところではオリンピックの話のほうへと傾きがちだ。このほのぼのとした感じは、大企業では味わえない。
 産地を取り巻く環境は厳しい。廃業などの報を聞くたびに、自宅やご家族の顔が浮かび、胸が痛む。オリンピックでは日本選手が健闘を見せている。金メダルをとってほしいとまでは言わないが、産地にも頑張りを見せてほしい。ガンバレ産地のおっちゃんたち!(T.Y )
2012年08月01日(水)  10:00  / この記事のURL