アパレルウェブ ホーム
« 2012年07月02日   |   Main   |  2012年07月04日 »

灯台下暗し

 気分転換に球を打ちに行く。本番のための練習というものではなくて、うまく球が当たって、ぽーんと飛んでいく感触が心地よいからだ。緑の金剛山系を眺めながらだから、なおよい。(しかもパチンコ球を打つよりは、1時間当たり金銭消費が少なく済む)。周りを見回すとゴルフウエアをきちんと着ている人は少なくて、腹巻き姿の農家の主人やらが、思い思いにクラブを振っている。これではウエアが売れないなと思う。しかし、「灯台下暗し」の繊維製品を発見。人工芝ではなく、打球が転がる地面を覆っているポリエステル布は、ある染工場の社長によると「ほとんどが日本製だ」という。布が大きすぎるため中国からの輸入では不便だからとの説明だった。日本で必要な布を、日本の染工場で染める。いい傾向じゃないか!(A・A)
2012年07月03日(火)  10:00  / この記事のURL