アパレルウェブ ホーム
« 2011年06月09日   |   Main   |  2011年06月13日 »

トーマス・グラバー

 高速道路のETC休日割引が6月19日に終了するということで、終了前の駆け込み需要にのっかりはるばる長崎へ。
 長崎には何度か足を運んだことはあるが今回の目的はグラバー邸。グラバー邸の中を散策していると鹿児島紡績工場の写真がパネルにし、展示してあった。
 鹿児島紡績工場は日本最初の近代的紡績工場。グラバーが五代友厚からの要請を受けて建物、機械、外国人技師など紡績所に関わる主要なもの一切の調達や招聘に携わった。
 紡績所には150台近くの機械が備え付けられ、約200人の職工が働き、1日10時間労働で約180キロもの綿糸を紡いだ。
 その後、薩摩藩主島津忠義は紡績事業を鹿児島から全国に広めようと考え、機械の一部を堺に送り、堺紡績所を建設。堺紡績所は岸和田紡績所に買い取られ、現在のユニチカに統合された。グラバーの調達した紡績機械は関西へと渡り、全国に広まっていった。
 ETC休日割引が終了するので次は開通した九州新幹線に乗り、鹿児島紡績所の跡地へ行ってみたいが、大阪−鹿児島間の料金は片道2万円超え。往復5万円近くはなかなか手が出ない・・・(R.S)
2011年06月10日(金)  10:00  / この記事のURL