アパレルウェブ ホーム
« 2011年04月12日   |   Main   |  2011年04月14日 »

1960年代モードを見ることでファッション再考

 「神戸ファッション美術館」(神戸市東灘区)で4月21〜6月28日まで「コレクション展1960―2000年代のファッション―サンローランからガリアーノ、マックイーンまで―」が開かれる。
 第二次大戦の悲惨な状況の中から、人びとは立ち上がり、その後、大衆消費時代が到来。その消費に合わせてファッションの世界も躍進、とくに1960年代は日本でもその芽が出て、70〜80年にかけては“カリスマ”と言われた川久保玲、山本耀司両氏とともに三宅一生らを輩出し、ジャパンデザイナーが世界から注目される。
 このコレクションを見ることで、現代へ新鮮なファッションエキスを与えてくれそうで楽しみだ。
 20世紀後半を代表する約30人のデザイナーの約50作品が出品される。意義深いイベントになろう。(MS)
2011年04月13日(水)  10:00  / この記事のURL