アパレルウェブ ホーム
« 2011年03月11日   |   Main   |  2011年03月15日 »

よみがえる悪夢

 1995年の阪神大震災のとき高校生だった。奈良に住んでいたが、それでも今までにない揺れ方に心底驚いた。今回の東北地方太平洋沖地震は、名古屋にいながらもその悪夢を呼び覚ました。
 時間が経つにつれ、甚大な被害の様子がテレビに映し出されるたび、心が痛む。地震の規模はともかく、津波の恐ろしさを改めて思い知らされた。何より想定以上の地震で福島県の原子力発電所がいまだ安全を確保できない状況は、悪夢としか言いようがない。
 しかし、日本は災害が多い国と言われてきたが、これまで幾多の試練を乗り越えてきた。被災しても気丈に振舞う人々がテレビに映し出されるたび、一緒になってがんばっていかなくてはという気になる。被災した方々は、元の生活に戻るまで、まだまだ時間が掛かるかもしれないが、どうか団結しながら困難を乗り越えていきましょう。(Y・O)
2011年03月14日(月)  10:00  / この記事のURL