アパレルウェブ ホーム
« 2010年12月02日   |   Main   |  2010年12月07日 »

カイワレ大根を育てる

 小松精練で九谷焼の陶器がセットになったカイワレ大根セットをいただいた。同社が力を入れている事業である屋上緑化基盤材「グリーンビズ」の保水パネルを使って、カイワレ大根を育てることができる。

 この保水パネルは染色排水の浄化過程で発生する「余剰バイオマスケイク」を活用。排水の浄化に利用される微生物を含む大量のバイオマスケイクを能登産の珪藻土や粘土と混ぜ1000度以上の高温で「超微多孔スポンジ状セラミックス基盤」に焼き上げる。
 吸水性と保水性に優れ、雨水だけで植物を育てることができる。薄く軽い上、最後は土に戻すことができるという、まさに環境配慮型の素材として、注目を集めている。
 まだ、種をパネルにまいてから3〜4日しか経っていないが、すでに芽が出始めてきた。カイワレだけでなく、いろんな“食べられる”植物を育てていきたい。(Y・O)
2010年12月03日(金)  10:00  / この記事のURL