アパレルウェブ ホーム
« 2010年09月13日   |   Main   |  2010年09月15日 »

“頑張り”に支援を

 今年はF1が面白い。その最大の功労者は日本人ドライバーの小林可夢偉(カムイ)の存在だ。世界のつわもの相手に様々なハンデを背負いながらも、その頑張りが伝わってくる。
 ここで残念なのは、08年のリーマンショック以降、ほとんどの日本の資本がF1から撤退してしまっていることだ。タイヤを単独供給するという使命を全うしたブリヂストンも今年いっぱいで撤退する。


 対照的にインドや中国、マレーシアなどアジア諸国は日の出の勢いで存在感を増している。さらに、はがゆいことに、厳しさは日本と大差ないはずの欧州勢の中でも、メルセデス、ルノーといったところは石にかじりついてでもF1から離れない。
 F1の国際的なステータスは大変に高い。しかも炭素繊維による車体、タイヤ、ブレーキパッドなどは最先端の繊維技術も大いに反映されている。いきなりのモノの支援は無理としても、自社の先進性と開発力を世界に示すには恰好の広告塔だ。
 幸いにもカムイは来年も今年と同じチーム、ザウバーからの参戦が決まった。ザウバーのクルマはカネの無さを情熱でフォローする真っ白な車体が美しいクルマである。スタッフの情熱にカムイの腕があいまって、時おり、上位の金満チームに牙を剥くところが、判官びいきを刺激する。しかし、真っ白ということは「広告スペース」が多大に空いていることの裏返しでもある。
 当紙の広告料とは文字通りケタ違い(のはず)だが、頑張っているザウバーとカムイに日本企業はスポンサードを検討してあげてほしい。蛇足ながら(?)もちろん当社も頑張っております。(K・S)


2010年09月14日(火)  10:00  / この記事のURL