アパレルウェブ ホーム
« 2009年11月12日   |   Main   |  2009年11月16日 »

狙いは日本市場

 先日、紡拓会台湾本部主催の「2010A/Wパンテキスタイルフェア(パンテキスタイル大阪2009)」を取材した。
 不況の影響で今年の参加は18社・団体と少なかったが、出展している糸加工メーカーやテキスタイルメーカーは、最新の高機能素材をアピールしていた。
 今年はココナッツの残りかすを利用した繊維や、環境にやさしいテンセルデニムなどエコ対応の機能素材が多かった。
 日本の合繊メーカーが相次いでポリエステル長繊維からの国内撤退を表明、北陸産地などでは海外からの輸入糸を見直す気運が高まっている。
 台湾の素材メーカーにも当然、その情報は届いており、出展企業はここが狙いどきと、来場者から盛んに日本市場のニーズを引き出していた。
パンテキスタイル大阪2009

テンセルデニムを展示した三越紡織工業
2009年11月13日(金)  10:00  / この記事のURL