アパレルウェブ ホーム
« 2009年03月31日   |   Main   |  2009年04月02日 »

スペインの夢

 スペイン・テキスタイル協会によると、現下の景気後退でスペインの繊維産業も内需は後退している。だが、輸出は昨年後半も堅調に伸び続け、昨年の総輸出高は78億ユーロを超えた。
 スペインの繊維といえば、すぐに思い浮かぶのはザラやマンゴなど世界的なファストファッション企業だ。やはり、こうした大企業を中心にアパレル輸出が、全体の50%以上を占める。驚くのは中小企業も頑張っていることで、テキスタイル輸出も全体の30%と、第2の輸出産品だ。今後も世界の景気回復を信じて、スペインは積極的な輸出拡大策を続けるという。
 振り返って、我が日本は、「高齢化だ、人口減少だ」と内需の先細りが懸念され、世界市場の開拓が欠かせない。ユニクロ以外の流通業やアパレルメーカーにももっと頑張ってほしいが、テキスタイル企業も規模の大小を問わず、スペインのように世界へ大きく羽ばたいてほしい。必ず、道は拓けるはずだ。(F・K)
写真は東京で開催した「テキスタイルフロムスペイン」
2009年04月01日(水)  07:00  / この記事のURL