アパレルウェブ ホーム
« 2009年03月05日   |   Main   |  2009年03月09日 »

ツナギを着たヒーロー

 作業服として一般的なツナギ。そのカッコよさを全国の少年・少女に教えたのは誰でしょう? そう、ご存知「ヤッターマン」です。ということで、今年最大の話題作「ヤッターマン」実写版が明日7日から全国ロードショーです。
 主演は櫻井翔くんと福田沙紀ちゃん。でもゴメンナサイ。二人にはまったく興味ありません。そう、なんといっても深キョンのドロンジョ様ですよ、ドロンジョ様。事実上、深キョンの主演だと勝手に理解しています。
 だいたい、ヤッターマンの本当の主役はドロンジョ一味。ヤッターマンが、市民社会の正義という建前なら、ドロンジョ一味は小市民の本音を象徴しています。つまり、ヤッターマンとドロンジョ一味の対決は、勧善懲悪ではなく、市民社会の建前と小市民の本音の戦いです。最後はいつも建前が勝つのだけれど、小市民は死なず。どんなお仕置きをされても、翌週には復活だ。たくましいじゃありませんか。そいうところにこそ人生の真実があるのです。だから、国家権力による国策捜査と、その尻馬に乗って“建前”的な正論を振りかざすマスコミに怒り心頭。
 話を戻すと、監督が三池崇史というのも期待大。過激な暴力描写やホラーで有名な三池監督ですが「デッド・オア・アライブ 犯罪者」の、ラスト数分でそれまでのハードバイオレンスを壮大なギャグ映画にしてしまうハチャメチャさが好き。そもそもドロンジョ役を深キョンにしてしまうキャスティングセンスに突き抜けたものがあります。
 ということで、それではみなさん、ご一緒に。ポチッとな。(M.U)
2009年03月06日(金)  06:15  / この記事のURL