アパレルウェブ ホーム
« 2009年02月26日   |   Main   |  2009年03月02日 »

若い感性と力に「覇気」

 エスモードジャポン大阪校の卒業審査会(第13回)が先ごろ、大阪市西区北堀江にある同校で行われた。
 総合科3年生(レディース、メンズ各専攻)制作の卒業作品137点の審査に当たったのはおよそ80人のアパレル・繊維会社、第一線で活躍するデザイナーとマスコミ関係者だった。
 採点のボーダラインは10点満点中の6点以上で、それ以下は不可となる。審査員らは“作品ブース”を順番に見て回り、デザイナーやパタンナーの卵たちのプレゼンテーションを受けながら評価する。
 いろんなコレクションを日々、目にしている審査員も、この時ばかりは慎重になる。なにしろ学生たちの卒業がかかっているからだ。
 しかし、審査に当たった一人としての感想としては、どの作品、プレゼンにも若い感性と力に「覇気」を強く感じた。作品レベルも高い。
 今回、グランプリを受賞した作品は、二人のデザイナー(富山暢子さん、大隈美季さん)とパタンナー(斎藤華澄さん)の三人で制作した。テーマは「AQUA
 COSMO」。
 先に開かれた大阪ライフスタイルコレでも賞をもらった富山さんは「大隈さんとコラボが決まって最初に話したのが『絶対グランプリを取ろう』」だったという。パタンナーの斎藤さんは「デザイナーの2人がこだわり抜いた努力の結果」と、健闘を称え合った。(M・S)
 写真はグランプリ作品の1つ(写真提供=エスモードジャポン大阪校)
2009年02月27日(金)  01:00  / この記事のURL