アパレルウェブ ホーム
« 2009年02月17日   |   Main   |  2009年02月19日 »

子供用が欲しいのだ

 去年の春夏以降、急速にバッグのトレンドが変化した。それ以前の過去2〜3年はメッセンジャーバッグが長く流行していたが、アウトドアブランドブームの顕在化により、バックパックに注目が集まるようになった。
 「ケルティ」や「ジャンスポーツ」などの往年のデザインを復刻・アレンジした渋めのものや、「オスプレー」などの最新機能を搭載した本格的な登山用、「イーストパック」や「アウトドアプロダクツ」などの色柄のバリエーションに富むシンプルなもの、変化球的に「ミレー」や「ラフマ」のフレンチ復刻モノなど、バリエーションは様々だ。
 どちらかというとトート&メッセンジャー派の自分は、しばらく傍観を決め込んでいたのだが、ここに来て得意のまとめ買いに拍車が掛かっている。
 きっかけは、写真の1970年代の「ゲリー」のビンテージ・フレームザック。トリコロールが麗しいコイツはヤフオクでわずか3000円だった。使用する機会があるかは微妙だが、とりあえずインテリアとしては申し分のない存在感がある。
 ゲリー落札1週間後に手に入れたのは、イーリーキシモトの代表的なテキスタイル「フラッシュ」とコラボレーションした「イーストパック」。取材先で「派手だね」「年考えたら…」とか言われつつも、すごく気に入ってます。
 で、最後。先日行われたゴールドウインのアウトドア関連の展示会で一目ぼれしてしまったのが、「ザ・ノース・フェイス」の09秋冬モデルの子供用バックパック。おにぎりのような形が超絶的にキュートで、「サマーキャンプパック」という林間学校を思い出してしまうモデル名もいいかんじ。容量は37リットルと十分大きいが、子供用ゆえにショルダーハーネスが小さいという欠点はあるが、我慢すればどうにかなりそう。
 山が色づくころ、これを背負ってハイキングに行って、おにぎりを食べたいなぁ。(K・M)
2009年02月18日(水)  07:07  / この記事のURL