アパレルウェブ ホーム
« 2009年02月12日   |   Main   |  2009年02月16日 »

女性の楽しみ

 毎年、正月の初芝居から1年の歌舞伎観劇がスタートするのだけれど、今年は特別だった。1月に「寿初春大歌舞伎」(大阪松竹座)が興行されたのは例年通りなのだが、2月にも松竹座で「二月花形歌舞伎」が興行された。大阪で2カ月連続歌舞伎を見ることができるのは嬉しいことだ。
 1月は昨年ボランティアで参加した映画「歌舞伎役者 片岡仁左衛門」自主上映会実行委員会のお歴々と総見。通し狂言「霊験亀山鉾」で当代・仁左衛門が演じる“悪の華”を堪能した。そして2月は中村獅堂の「毛抜」を見るが、セリフ廻しが現代劇調で歌舞伎味に乏しいのが残念。「女殺油地獄」は、市川亀治郎と片岡愛之助のフレッシュな好演もさることながら、脇を固める坂東竹三郎と嵐橘三郎の熱演に感動する。久しぶりに充実した2か月だった。
 ところで1月の総見、ご一緒した女性陣がすごい。いずれも着物をビッシと着こなす。それが桟敷にずらりと並ぶのだから圧巻。総見後は近くの寿司屋で一杯。女性同士のおしゃべりに花が咲き、わたしのような若輩者は、ただただ圧倒されるばかりだ。
 リーダー格のお姐さんがしみじみ話した一言が印象的。「やっぱり女は、いい物を着て、きれいなものを見て、おいしい物を食べて、好き勝手なことをしゃべるのが最高よね」……確かに真理です。
 それで、ふと思った。百貨店が不振のようだが、現代の百貨店は、そういった“女性の楽しみ”をうまく提供できていないのかも。それこそ戦前は「今日は帝劇、明日は三越」といわれたものだ。もっとも、いまでも歌舞伎を見るような女性は、百貨店大好きなのだけれども。(M.U)
写真は「寿初春大歌舞伎」と「二月花形歌舞伎」の番付
2009年02月13日(金)  09:10  / この記事のURL