アパレルウェブ ホーム
« 2009年01月13日   |   Main   |  2009年01月15日 »

「神頼み」でいつもより多い参拝者

 アパレル、流通の賀詞交歓会であいさつに立ったトップの声で多かったのは「ピンチをチャンスに」。“リーマンショック”以降続く景気後退のいやーな雰囲気から皆を奮い立たせようと経営トップたちが探した言葉だった。
 なかには「ピンチはピンチ」と、見つからない繊維不況突破材料に「せめて現状維持」を決めた現実派トップも少なくなかった。
 このような環境だから「神頼み」する人が増える。さい銭の額は減ったというが、全国の神社参拝者はいつもの年より多かったという。
 全国3500ある「えびす神社」の総社である西宮神社(兵庫県西宮)にも大勢が参拝した。この1月10日の「十日戎」は商売繁盛を祈願するお祭りだが、サラリーマンや他県からの遠征組も多い。
 朝6時の開門と同時にスタートする福男選びや、300キロを超える「招福マグロ」にさい銭を貼り付けて祈願するなどの縁起の良い“イベント”でも知られる。「ご利益がありますように」と参拝前に身を清める手水所は、かかる一滴の水にもご利益を求める人山であった。(M・S)
参拝者で手水所は人山が(西宮神社で)
2009年01月14日(水)  02:51  / この記事のURL