アパレルウェブ ホーム
« 2009年01月09日   |   Main   |  2009年01月14日 »

日本人の夜逃げなし

 今日(9日)の朝、中国広東省で昨年6万2000件の企業がつぶれたというニュースに接した。記者も新年のあいさつで取材先を何軒か回ったが、あちこちで今、中国で起こっている倒産がらみの問題を聞いた。
 ある肌着商社。中国山東省で4社の縫製工場と提携する。「金がないというので年末、資金供給のためにそれぞれの工場を回った」。ぎりぎりの資金繰りで操業しており、金がなくなると、夜逃げされる可能性があるからだ。
 青島周辺では昨年10、11月の2カ月で、「100社以上の韓国から進出したアパレル工場の経営者が夜逃げした」。100社というのは正確でないかもしれないが、多くのアパレルが韓国へ逃げ帰ったことは間違いない。
 青島などに進出する日本企業の集まりでは、「夜逃げだけはしないようにしよう」と、内々で申し合わせもしたそうだ。一社でもそのような事件を起こすと、進出するすべての日本企業がそのように見られてしまうからだ。
 中国当局は逃げ得を防ぐための法律を作って、すでに施行したという。効果はこれからだが、中国での経営環境は「原料を購入する金がないから加工できない」など、すこぶる悪い状況が続く。今のところは出ていない日本人経営者の夜逃げ、今後も起こらないことを祈る。
(S・H)
2009年01月13日(火)  02:00  / この記事のURL