アパレルウェブ ホーム
« 2008年11月28日   |   Main   |  2008年12月02日 »

JFDC大賞に佐藤美智代さん

 第9回ジャパン・ファッションデザインコンテスト(JFDC)・イン山口(同実行委員会主催、山口県繊維加工協同組合共催、ダイセン=繊維ニュースなど後援)が先ごろ山口情報芸術センター(山口市)で開かれた。
 大賞には佐藤美智代さん(香蘭ファッションデザイン専門学校=福岡県)の作品(写真)が選ばれた。佐藤さんの作品は、斑(まだら)様に白く脱色したような部分を全体にあしらいデザインとしたジャケットとパンツ。濃いデニム地とのバランスを考えた女性の大胆な発想が面白い。
 全国から700点近い応募作品があり、一次審査を通過した70人がショーで見せる最終審査に臨んだ。
 今回のテーマは“ネイティブ・ジャパン”。日本文化の原点にさかのぼる。デニムメーカーのカイハラが生地を提供した。岡部泰民実行委員長は「最後まで残った作品の多くは創作というよりも即戦力となる“産業人”レベル」と評価した。
 第2回となるニュークリエーターズコレクションとジャパン・ジーニングコレクション(JJコレ)も連携開催され、にぎわった。出品ブランド中から来年1月中旬にスペイン・バルセロナで開かれる予定のブレッド&バター展に2回目の出展を行う。(M・S)
2008年12月01日(月)  06:23  / この記事のURL