アパレルウェブ ホーム
« 2008年09月08日   |   Main   |  2008年09月10日 »

角度が伝える高機能

 アウトドアで重要な機能といえば撥水。デサントは生地表面と水の接触角度が150度以上の状態を指す超撥水に着目、09春夏から「ホールアース」の超撥水アイテムに「シータ150」と記載したタグを付け、撥水機能をアピールする。
 ミクロ単位で繊維1本1本に超撥水加工を施しており、生地表面は水より表面張力が小さいので水との接触角度が150度以上になって水をコロコロと弾く。ジャケットはほぼ全アイテムが超撥水。明確な数値、角度が伝える機能に注目である。(E・M)
2008年09月09日(火)  07:07  / この記事のURL