アパレルウェブ ホーム
« 2008年07月09日   |   Main   |  2008年07月11日 »

21世紀はライフスタイルの時代

 8日、東京・北青山に「町田ひろ子アカデミーGREEN House」がオープンした。インテリア関連企業やインテリアコーディネーター(IC)、建築・設計士、また一般の生活者も巻き込み、人と地球が共生する豊かなライフスタイルを提案する21世紀の実験的ハウスの位置づけだ。
 日本のICの草分け的存在である町田ひろ子さんは、女性の独立支援の意義を込め、米国で学びアカデミーを創設し30年来日本のICを育成してきた。「20世紀まではパイオニアの時代。私自身、男性並みにがむしゃらにインテリアコーディネーターの技術を磨き、次世代に伝えてきた。でも21世紀はライフスタイルの時代。自分の生活を豊かにしながら働くスタイルに変わってきた」と話す。
 ICとして、環境や健康、少子高齢化などの問題に取り組む。そのキーワードがG・R・E・E・N(Gentle・Re・Eco/Environment・Entertainment/Hospitality・Neighborhood Community)。このコンセプトは周辺の児童館や保育園、地域へのボランティアにも。目の前の公園の植栽の手入れ、太陽光蓄熱のLED照明の提供などで美しく蘇った。

町田ひろ子さん

ボランティアで手入れしている植栽
2008年07月10日(木)  06:00  / この記事のURL