アパレルウェブ ホーム
« 2007年10月30日   |   Main   |  2007年11月01日 »

色の効果

 産地の展示商談会もユニークになってきた。このほど開催された福井織物構造改善工業組合主催の「ふくい織物展示求評会」は、秋冬シーズン向けにしてはカラフルな色でにぎわい、中央の製品展示コーナーは華やかな雰囲気をかもし出す。
 プロデュースしたのは、ファッションデザイナーでドレスセラピストの池本紫さん。色と形のエネルギーを生かしたドレス作りに定評があり、小雪さんや神田うのさん、米倉涼子さんなど多くの芸能人のフォーマルドレスも手掛ける。
 「TPOや着用者の個性などを考慮しながら、その人の良さを最大限に発揮する色と形をデザインする」と言う。
 ふくい織物展示求評会でも、生地作りの段階から色とテクスチャーなどのアドバイスをしてきた。「職人さん一人ひとりのラッキーカラーもお教えしました」とも。今はやりのスピリチュアル系かと一瞬とまどった。似たような感想を持つ人はほかにもいるようで、カラー診断など科学的に説明してくれた。色は光のスペクトルで、それぞれに周波数があり、それが肌を通して健康や美容にも影響するという。
 池本さん自身、ニューヨーク留学中に黒い服ばかり着ていたら、健康を害し老けこんでしまったらしい。
 「海外生活のストレスもあったでしょうが、色をどう着こなすかは大切」と力説する。いくら黒髪や黒い瞳に合わせても、黒ばかりのコーディネートはお勧めしないと言う。
 出展者の生地で池本さんが作製した製品コーナーは、徐々に上昇するように羽根を取り付けた八角柱を中心に、ドレスやウエアでぐるりと取り囲んだ。“風水”を取り入れたそうだ。会場内は脳波に良いとされるスピーカーで心地よい音楽が流れる。
 同組合初の秋冬展だったが、予想以上の反響だった。出展者には開発・販売のうえで、色の効果という新たな切り口が加わり、来場したアパレルも消費者に対して同様の訴求効果が生まれる。産地展示会も商談+αで活性化するかもしれない。(N・O)
2007年10月31日(水)  05:54  / この記事のURL