アパレルウェブ ホーム
«養蚕の歴史を尋ねて@秩父  |   Main   |  なぜ自衛隊の戦闘服は綿・ビニロン混なのか»

はんだふれあい産業まつり

 今月14日に愛知県半田市のJFEスチール会場で開かれた「2009はんだふれあい産業まつり」に行ってきた。このイベントでは知多織物工業組合が毎年、地元の桐華家政専門学校と、岐阜県多治見市のアンファッションカレッジに生地を提供し、「チタテキスタイル・ファッションショー」を開いている。

 モデルや学生たちが自分で作製した衣装を身にまとい、個性豊かなデザインの衣装を披露、ファッション衣料素材としての知多織を繊維業界だけでなく、地元市民にもアピール。ファッションモデル2人はさすがに慣れた感じで舞台を歩くものの、学生たちはややぎこちない動きで一生懸命、自分たちが作った衣装をアピールする姿はほほ笑ましかった。
2009年11月30日(月)  10:00  / この記事のURL

この記事のURL

http://apalog.com/daisen/archive/538