アパレルウェブ ホーム
«本当に動かすとは……  |   Main   |  太陽の黒点と景気循環»

黒のトレンドはカーペットにも?

 インテリア専門店で今、黒、こげ茶、紫のラグやマットが売れている。カーペット類全体の売り上げは良くないし、ベージュやアイボリーなどの淡い色が一番の売れ筋であることも従来と変わらない。しかし、こうした黒っぽい色の商品に限ると、過去にないペースで売れているそうだ。
 業界ではインテリアに興味を持つ人が増えて、個性的な色が売れるようになったと期待するが、その理由はよく分からない。不景気で外に出ることが減って、家にいる時間が長くなると、家のインテリアに飽きてくる。そこで、これまでと違う雰囲気のカーペットを敷いて、気分を一新する。こういう分析が一番当たっているのかもしれない。(A・T)
写真は黒っぽい色のラグ、マットをカーペットコーナーの中心に展示する専門店
2009年04月16日(木)  06:43  / この記事のURL

この記事のURL

http://apalog.com/daisen/archive/386