アパレルウェブ ホーム
«越境型編集者の展覧会  |   Main   |  不況か、エコか。»

安さだけでよいのか

 未曾有の経済危機のなかでデフレ傾向が強まり、円高もあって輸入品が増加している。不織布の世界でも使い捨てのウエットティッシュなどは中国からの原反輸入が急増中だ。
 その輸入不織布は大量の高圧水流を使い繊維を交絡させるスパンレース不織布。使い捨てだけに安全・安心よりも価格優先なのだろう。しかし、デリケートな赤ちゃんのお尻拭きにも使うスパンレース不織布だけに、安全性にはとくに気を使う。
 原反を国内で加工すれば日本製にはなるが、水問題も考えると、せめて赤ちゃんには国産品の原反を使いたい。(T・N)
2009年04月03日(金)  06:45  / この記事のURL

この記事のURL

http://apalog.com/daisen/archive/377