アパレルウェブ ホーム
«男女区別に2極化、日本の空に異変?  |   Main   |  「安全で安心な社会」»

スポットライトの裏側は…

 3月10日に行われた旭化成グループのキャンペーンモデル発表会を取材しました。34代目のモデルを務めるのは、蔵歩実さんとシー・ウンルーさん。日中ダブルキャストは今回で6回目となります。当日ならびに翌日のテレビや新聞で、その姿をご覧になった方々も多いのではないでしょうか。
 その取材風景の裏側は、このような感じです。凸型の特設ステージ。我々マスコミ陣や招待客は凹型に並びます。両脇から2人のモデルさんが登場し、凸のてっぺんで立ち止まると、フラッシュの洪水が待ち構えています。ちょうどモデルさんの裏側に位置する我々は、その光を一身に浴びている状態です。このような“光攻め”を何度か経験したことはあるのですが…どうも慣れません。まぶしすぎです。完璧な表情でポーズを決めるモデルさんたちの力量に、毎回驚かされるばかりです。
 その後、モデルのお2人を東京繊維記者会のクラブ室で再度取材。先ほどとは打って変わり、私服姿はまだあどけない様子でしたが、「女優」(蔵さん)、「スーパーモデル」(史さん)と夢を語った表情は、やっぱりプロの顔をしていました。(M.K)
2009年03月23日(月)  04:00  / この記事のURL

この記事のURL

http://apalog.com/daisen/archive/368