アパレルウェブ ホーム
«暗い銀座  |   Main   |  播州と高島、東京展を同時開催»

またTシャツあたりで商品化されるか?

 先々週の14日、先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)終了後の記者会見で、ろれつが回らないなどの醜態を演じてしまった中川昭一財務・金融担当相が辞任してしまった。政治家のなかでは好きな方だったので、ちょっと残念だ。ときに人間だから失敗もあるだろうが、少し度が過ぎた。いや、会見を中止しなかった官僚の方が問題のような気がする。
 それはともかく、商売のネタはどこに転がっているか分からない。総理大臣をキャラクター化し、グッズなど売られるようになったのは、おそらく小泉純一郎元総理からに違いない。グッズになるからには、それなりの人気があったからだ。80%以上という史上まれに見る支持率の高さがあってこそ、グッズも売れる。
 ところがである。最近、どうも人気がなくても商品化されるケースもあるらしい。あの福田康夫前総理だ。今では森嘉朗元総理よりも露出度が低いが、突然辞任を発表した昨年9月の会見は結構、記憶に残っている人も多いはずだ。記者から「総理の会見はいつも人ごとのようだ」と突っ込まれたとき、福田前総理は「私は自分自身を客観的に見ることはできるんです。あなたとは違うんです」と答え、話題になったが、そのときの福田前総理の顔を描いたTシャツが意外に売れたという。
 じゃあ、今回の中川さんのときのあの会見も…。すでにTシャツになっていました。今回は売れるんでしょうか?(Y・O)
写真は「ClubT」というホームページで1枚2100円で販売している

2009年02月23日(月)  06:58  / この記事のURL

この記事のURL

http://apalog.com/daisen/archive/349