アパレルウェブ ホーム
«アマゾン 靴・バッグの専門サイト  |   Main   |  「記者クラブ」は何のためにあるのか»

+遊び心、うんちく

 植物や鉱物など天然色素を用いた染色加工「ナチュラルダイ」が好調な蝶理。来春夏・秋冬に向けて、キッズでは、ラベンダー、マンゴスチン、アンズ、バナナ、レモン、ミント、クチナシ、プルーンのおいしそうな8色展開のトレーナーやTシャツなどを企画した。
 キャラクターの傍らにはラベンダーの花が咲いていたり、バナナを持っていたり、カラーと連動したモチーフが愛らしい。天然染色の安心感と遊び心のあるデザインが、祖父母やお母さんのハートをガッチリつかまえそうだ。
 メンズのスポーツ部隊をけん引するゴルフ・カジュアルでは、芝から色素を抽出したトップスを開発。色素の濃淡で、若草色からグレー系、ベージュ系まで幅広く染め分けられる。モノ消費からコト消費に移り行くなか、こだわりやうんちくを楽しめる一品として、店頭で、ゴルフ場で、話が弾みそうだ。
写真=芝で染めたゴルフウエア
2008年12月09日(火)  07:00  / この記事のURL

この記事のURL

http://apalog.com/daisen/archive/302