アパレルウェブ ホーム
«「スタートトゥデイ」  |   Main   |  玄関用も壁掛けに»

毎週のように中心部で催し

 【中部・北陸支社】以前、名古屋駅近くの円頓寺商店街で開かれた「クラブ円頓寺2019」(写真)に行ってきた。「物産×音楽×アート」をコンセプトにしたお祭りのようなイベントで、カップルや家族連れでにぎわった。
 円頓寺は名古屋の中心街から少し外れているが、名古屋では行事や催しが中心部の栄で毎週のように開かれている。開催場所は栄の中心を南北に縦断する久屋大通公園。とても広く好立地のため催しにはうってつけの場所だ。
 最近ではハワイ、ベトナム、タイといった各国の文化を楽しめる催しのほか、野外音楽フェスなどを開催。中心街のため百貨店をはじめとした商業施設が多くあり、催しは大勢の人でにぎわう。
 東京の渋谷、大阪の心斎橋といった中心街でこのような催しはあまりないだろう。名古屋の魅力をまた見つけてしまった。(川)
2019年06月06日(木)  10:00  / この記事のURL

この記事のURL

http://apalog.com/daisen/archive/2848