アパレルウェブ ホーム
«なんとなく恐れ多い  |   Main   |  これから珍本になるかも»

消費増税時の起爆剤になるか

 【東京本社】天皇の生前退位に伴い発生したゴールデンウイーク10連休は、ショッピングモールや百貨店などもにぎわった。「令和」と記した和洋菓子など、食品を中心とする記念品が売り上げをけん引したが、タオルも頑張った。
 例えばタオル卸の小原が「さいか」ブランドで展開する記念タオル(写真)。改元前後から販売が伸び、売り切れになった店舗も。「もう打ち止めですよね」と聞くと、「秋にもう一山くるでしょう」とのこと。
 新天皇の即位を国内外に公式に示す「即位礼正殿の儀」が10月に予定されている。10月といえば、消費増税が控え消費低迷が心配されるところ。恐らくさまざまな商品で再度記念品発売が計画されているだろう。少しでも消費喚起の起爆剤になるか、期待したい。(直)
2019年05月28日(火)  10:00  / この記事のURL

この記事のURL

http://apalog.com/daisen/archive/2840