アパレルウェブ ホーム
«ネクタイ  |   Main   |  消費増税時の起爆剤になるか»

なんとなく恐れ多い

 【大阪本社】新元号“令和”に移行して約1カ月が過ぎた。4月の発表当初は耳が慣れなかったが、初めて聞いてから約2カ月たつと、さすがにしっくり来るようになってきた。
 この間、新元号にちなんだ製品があちこちで発表、発売されて話題を集めたが、記者も、大阪の泉州タオル産地のタオルメーカー、袋谷タオルから元号が織りこまれたタオル(写真)を頂いた。
 商品ではなく、時代を盛り上げたいという意向で作られた非売品だ。
 写真撮影のために開封したものの、上品な色使いとパイル地で端正に表現された“令和”の文字を目にし、タオルとして使うのがなんとなく恐れ多い気がして、再びパッケージに戻してしまった。
 同社のサンプル写真で紹介されているように、額に入れて飾ろうかと思っている。(酒)
2019年05月27日(月)  10:00  / この記事のURL

この記事のURL

http://apalog.com/daisen/archive/2839