アパレルウェブ ホーム
«裸足ソックスの落とし穴  |   Main   |  ささやかな名所»

思い込み

 【東京本社】出張でインドネシア・バリ島を訪問した。“バリバリ”の観光地であり、本来はウキウキしてもいいはずなのだが、何だか心が晴れない。たまっていた仕事を終えてから出発しようとして無理をし過ぎたのがいけなかったのかもしれない。
 ネガティブなイメージが頭に浮かぶ。成田空港への電車の中で「羽田発ではなかったか」という不安に駆られる。eチケットを確認すると「Narita」と記載されている。後ろ向きの気持ちのまま成田を飛び立ち、バリに到着した。
 空港を出てすぐに知らない人に「タクシー」と声を掛けられた。うなずくと少し離れた場所に連れて行かれ、料金の説明が始まる。想定よりも高かったが、なぜか話が進み、奥の方の駐車場へ。止めてあった車は、同僚が当ブログで書いていた「信頼できるタクシー」の水色ではなく、かなり濃い色をしていた。
 しょうがないので乗り込むが、ネガティブな感情に捉われる。「前払いで払ったのに追加料金を取られるのでは」(取られませんでした)、「別の場所に連れて行かれるのでは」(行きませんでした)、「最悪の場合殺されるかも」(生きています)など。
 約30分後、ホテルの玄関に到着する寸前、日本で有名なハンバーガーチェーンの看板が目に入った。なんたる僥倖。ご飯は決まった。チェックインを済ませ、仕事のメールを送り、勇んで店へ。そこにあったのは「ミニマート」という名のコンビニだった。(桃)
2019年05月16日(木)  10:00  / この記事のURL

この記事のURL

http://apalog.com/daisen/archive/2833