アパレルウェブ ホーム
«大川沿いで桜を眺める  |   Main   |  令和初期はM&Aの時代?»

「新しい時代」

 【東京本社】もうすぐ平成が終わろうとしている。戦争がなかった時代。何よりだった。
 先日、最新鋭のステルス戦闘機が青森県沖で墜落した。最新鋭で墜落するようでは、自動運転の車なんか怖くて乗れない。このジェット機、最新鋭が故に、機材回収に血眼になっている様子。100億円する機種、さらに経費の上乗せ。いくらになることやら。
 戦時中の「ゼロ戦」は現在の価格で1億5千万円位とのこと。この差は技術力・戦闘力・スピード・安全性。そして安心。
 戦争がない時代を続けるには、最新鋭機を導入する必要があるのか。サステイナブル(持続可能な)社会を実現させるために、別のアイデアがあってもいいのではないか。(章)
2019年04月18日(木)  10:00  / この記事のURL

この記事のURL

http://apalog.com/daisen/archive/2818