アパレルウェブ ホーム
«デカトロンの衝撃  |   Main   |  大川沿いで桜を眺める»

元気いっぱいのエール

 【東京本社】そろそろ葉桜になるソメイヨシノに代わって満開を迎えるのが八重桜。はかなさを感じさせるソメイヨシノと違って、華やかでボリューム感がある。その違いは花びらの数。10枚くらいから多いもので100枚以上になるという。
 濃いピンクだけかと思っていたら白い花弁のものもある。品種名ではなく、八重咲きの総称なのだそうだ。
 今年は寒暖差の激しい陽気でソメイヨシノも長持ちし、近くの小中学校も校庭の桜が満開の中で入学式が迎えられた。そして今、近所の公園や道沿いではビビッドな八重桜が見頃を迎えつつある。進学先や就職先で新たな人生を踏み出した人たちを元気いっぱい応援してくれているようだ。(直)
2019年04月16日(火)  10:00  / この記事のURL

この記事のURL

http://apalog.com/daisen/archive/2816