アパレルウェブ ホーム
«発電体験? ! いえ、靴下作りです  |   Main   |  谷のウグイス歌は思えど»

「時代」

 【大阪本社】旧暦2月22日、七十二候では春分の次侯、桜初めて開く。春に初めて桜の花が咲く頃。
 平成の時代が終わろうとしている。「時代」という言葉。エンドレスの時間の絵巻物をびょうぶ仕立てに区切る実験か。
 『広辞苑』によると、時代とは@区切られた、ひとまとまりの長い期間。「奈良―」「学生―」「―を画する」 Aその当時。当代。現代。「―の趨勢」 B時を経て古びた感じ・様子。
 中島みゆきの名曲「時代」は――こんな時代もあったねと。いつか話せる日が来るわ。あんな時代もあったねと。きっと笑って話せるわ――と歌う。
 社会、経済の流れを特徴付けられた一定期間のファイリング。人が思い出す過去のある時期。
結果が出てからデータ分析、「激動の時代であった」とか。「歴史は繰り返す」とか言うが。後の世の人が言うことで、激動でなかった時代はないだろうし、どの時代の現代人も精一杯生きてきたはずだ。
 平和な社会と自分と家族の健康を祈りつつ、4月1日に発表される、「大化」から数えて248番目の元号に思いをはせる。 (博)
2019年03月28日(木)  10:00  / この記事のURL

この記事のURL

http://apalog.com/daisen/archive/2803