アパレルウェブ ホーム
«カワセミ  |   Main   |  8年前の記憶»

いつも長蛇の列 、矢場とん

 【中部・北陸支局】名古屋駅西口の地下街、エスカ。11時過ぎにもかかわらず、いつも長蛇の列。「名古屋名物、みそかつ矢場とん」だ。並ぶのが嫌いなコラム子は1度も入ったことがないが、日本人や外国人観光客、出張者でいつもあふれている。
 タイや台湾にも進出している矢場とん。濃いめの味付けが受けているのだろう。海外では矢場とんのような日本発祥の店だけでなく、日本の農産物も好評らしく、農産物の輸出が増えているという。内需型だと思っていた農業も今や国際的。値段は高くてもより良い製品なら海外でも売れるということなのだろう。値段優先が多い日本の衣料品では難しいだろうが……。(貴)
2019年03月12日(火)  10:00  / この記事のURL

この記事のURL

http://apalog.com/daisen/archive/2792