アパレルウェブ ホーム
«足の耐用年数は60年  |   Main   |  横浜の風薫る制服»

11月18日に大阪梅田で毛布イベント

 【大阪本社】日本毛布工業組合は11月18日、「毛布の日」(11月20日)に合わせて、阪急電鉄・梅田駅の中央改札上り階段前の「ビッグマン前広場」(大阪市北区)で、国産毛布をアピールする。
 毛布の日のイベントは前年に引き続き=写真=、2回目。会場では、NHK「みんなのうた」の「毛布の日」の歌を流し、多様な毛布を展示してアピールする。毛布味の「うまい棒」もプレゼントする。
 日本毛布工業組合の森口和信理事長は「世界の毛布を見てきた中で、日本の毛布の手触り、風合いは世界一と確信している。それは毛布を身体に直接掛けて使うところが大きい」とアピール。小職も国産の綿毛布を愛用している。国産毛布がそろうこの機会にその魅力を感じに行ってみてはいかがだろうか。(長)
2018年10月30日(火)  10:00  / この記事のURL

この記事のURL

http://apalog.com/daisen/archive/2703