アパレルウェブ ホーム
«心臓に軽い異常?  |   Main   |  無知は罪»

鉄道の記憶残すSC

 【東京本社】京王電鉄はきょう29日、京王線調布駅(東京都調布市)にショッピングセンター「トリエ京王調布」を開業する。「調布らしいちょっとステキな生活」をコンセプトに、A、B、Cの3館(売り場面積約2万平方b)で構成し、72店舗が出店(アパレル関連3割)する。
 C館1階には「カンタベリーオブニュージーランド トリエ京王調布店」(約63平方b)が出店した。その北側の入り口には切断した線路のレールが並べられている。
 調布駅は2012年に鉄道が地下化され、南北の街が地上で結ばれたが、鉄道会社のSCらしく、“鉄道の記憶”を残す演出も行った。C館入口前に線路跡地に沿って鉄道レールを埋め込んだほか、北側のパブリックスペースは「てつみち」と命名。カンタベリーの北側入り口のレールもその一環である。(康)
2017年09月29日(金)  10:00  / この記事のURL

この記事のURL

http://apalog.com/daisen/archive/2437