アパレルウェブ ホーム
«生鮮品もネット購入の時代に  |   Main   |  「折り鶴レーヨン」扇子»

全国産地

 【東京本社】繊維産地は全国各地にある。各産地にはそれぞれ得意の製品があり、産地名を聞けば、綿や麻、毛などの素材、タオルや毛布、カーテンなど製品が分かった。しかし今は、単品ではなく複合品が増加したり、他の産地と協業したりして一概には産地イコール産物と言えなくなってきている。
日本国内でのアパレルやインテリア製品の販売は厳しい状態が続いているが、日本製品の良さを前面に押し出した「J∞クオリティー」。産地が作った高品質の素材を使った商品を着たり、使ったりすることで商品の「良さ」を感じてもらいたい。
これから暑い季節がやってくる。ビールも産地を切り口に付加価値商品を提供し拡販を図っている。繊維産地も「おらが商品」のヒットを出してほしい。(章)
2017年05月30日(火)  10:00  / この記事のURL

この記事のURL

http://apalog.com/daisen/archive/2352