アパレルウェブ ホーム
«三備は新しい素材が盛りだくさん!  |   Main   |  進化の先はどうなる»

どう使う!? 和柄のリバーレース

 【大阪本社】写真はリバーレース国内最大手の栄レースが開発した和風柄のレース。扇、鼓をメインに梅か桜か、花柄を散りばめた見事な出来栄えだ。
 ただ、ブラジャー、ショーツでは使用する生地面積が小さいため、十分にデザイン性の良さが出し切れない。こうしたデザインのレースは文字通り唯一無二で、世界で誰も他に作ることのできない逸品なわけだが、これをどのように販路開拓につなげるかが頭の使いどころだ。
 近年、同社では主力のインナー向けのリバーレースを、アウターにも生かせるよう商品開発に取り組んでいる。例えばウエディングドレスなどが典型的なリバーレースの品のある美しさが映えるアウターの一つだが、それ以外にもショールを作ったり、雑貨に装飾に使ったり、新規需要の掘り起こしに力を入れている。この和柄もその一環で生まれたが果たしてどのような活路が見いだすのか。
 インテリアでの活用はどうだろう。座布団やクッション、高級感あるテーブルクロス、小売店などののれんには。着物の装飾の一部としても使えそうだ。もっと認知度が高まれば、他業種から多様な活用法が提案されそうなものだが……。(学)
2017年02月22日(水)  10:00  / この記事のURL

この記事のURL

http://apalog.com/daisen/archive/2284