アパレルウェブ ホーム
«美東が洗い加工に参入!  |   Main   |  雪の恐ろしさを経験»

本社ビルで「べっぴんさん」ロケ

 【大阪本社】ベビー・子供服を中心としたアパレルメーカー「ファミリア」の創業者、坂野惇子さんをモデルにしたNHKの連続テレビ小説『べっぴんさん』が放映中だが、1月に、当社の大阪本社が入る繊維輸出会館(大阪市中央区)のエントランス、ロビー(写真)でその「べっぴんさん」のロケが行われた。
 ロケは人の少ない日曜日にあった。用事で会社に立ち寄った際にちょうどロケが行われており、撮影を見学した。
 繊維輸出会館は、大阪を拠点に数多くの名作を設計した建築家・村野藤吾が手掛け、1960年に建設。レトロ感と未来感が混じり合い、繊細な造形内部の手すりや、堂本印象による内部の壁画なども印象的で、見学ツアーなどで訪れる歴史的建造物の一つになっている。
 ドラマでは、神戸・三宮の建物という設定で2月の中旬から下旬ごろに登場する予定という。そのシーンを楽しみに見ていたい。(長)
2017年02月06日(月)  10:00  / この記事のURL

この記事のURL

http://apalog.com/daisen/archive/2275